カンナビジオールの規制状況について

    産業用ヘンプの茎や種に含まれる成分「カンナビジオール」を抽出してオイルに溶かしたCBDオイルの人気が高まっており、日本でも普及し始めてきましたね。

    これまでの定説では茎や種には違法成分である「テトラヒドロカンナビノール」が含まれないとされていますが、樹皮を排除していない茎や葉が混入した可能性もないとは言えません。

    樹皮を排除していない茎や葉が混入すると、テトラヒドロカンナビノールが基準値を超えてしまう可能性があります。

    テトラヒドロカンナビノールが規定値の0.3%以下でなければ、税関を通過できませんが、しっかり成分分析表を提出して厚労省の許可を受けたCBDオイルは、もちろん税関を通りますし、国内で使っていてもまったく問題ありません。

    でも、個人輸入だとちょっと心配じゃありませんか?本当に成分分析表を提出しているのか、成分の割合に問題はないのか、個人では判断しづらいと思います。

    そんな方は、現在ではCBDオイルを選ぶ際には信頼できる正規代理店を選ぶことで、純度が高くて違法な成分をほとんど含まない高品質なものだけ購入できますよ

    ➡️ 代理店・店舗別 CBDオイルの体験談はこちらからどうぞ

    カンナビジオールとテトラヒドロカンナビノールの違いについて

    カンナビジオールとテトラヒドロカンナビノールはどちらもヘンプに含まれる成分ではありますが、構造は全く異なりますので作用も違ってきます。

    テトラヒドロカンナビノールは精神作用が強くて脳内にあるレセプターへの親和性が高いのが特徴であり、精神への影響を起こす恐れがあります。

    それに対し、カンナビジオール(CBD)は脳内のレセプターへの親和性が非常に低い、もしくは親和性がない状態ですので神経系に作用をもたらすことがありません

    欧米を中心に研究が行われている成分でもありますので、その作用は世界から注目されています。

    カンナビジオールそのものに規制はないけど・・・

    カンナビジオールに関しては安全性が確認されていますし、規制はありません。

    関連記事:

    ついに世界保健機関(WHO)がCBDの安全性を認めた!

    ですが、茎と種から抽出されたオイルでないと、テトラヒドロカンナビノールが含まれている可能性がありますので抽出方法や原料の部位による規制はある、と結論づけました。

    しっかりテトラヒドロカンナビノールの成分量を明記しているCBDサプリメントであれば、違法性やカラダへの悪影響を心配することはありませんよ^^

    規制されているからこそ、神経系に影響のない安全なCBDオイルがわたし達の手元に届くワケです。

    生活を支えるサプリメントとして以外にも、産業で利用しようという動きも広まっており、これらで使われるヘンプはテトラヒドロカンナビノールが少なくてカンナビジオールを多くなるように品種改良が進められているそう。

    つまり、種を選ぶことでより効率よくCBDオイルが作れるようになってきているということですね。

    世界はどんどん先にいってますね〜。

     

    ↓2018年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓