「ボディハイ」になる?THCゼロの製品はならない!

    CBD製品を使うとリラックス効果が得られるといった情報を目にして、ボディハイが起こるのではと心配している方も多いかもしれませんね。

    ヘンプを使用することで得られる精神活性作用をハイと言います。

    一般的なのはヘッドハイとボディハイ、それぞれ頭と身体に起こる症状ですがこれらは全く異なるのです。

    ヘッドハイはとにかく何もかもが楽しく何を見ても面白くなって、目に映るすべてがより鮮明な状態となります。

    ボディハイはリラックス作用、頭のてっぺんから足の指先まですべてがリラックスし慢性的に感じていた痛みがいつのまにか消えているのです。

    摂取した成分が肺にまっすぐに向かっていくか肝臓を通過するかでどちらがより強く得られるかは異なりますが、強い幸福感は日ごろの心や体のストレスを忘れさせてくれるのです。

    でもその成分が出ていくと強い喪失感があって、身体に悪いと分かっていながらもやめられない・タバコ以上です。

    CBDはいくら使ってもそうはならないので安心してください。

    CBDは「ボディハイ」になる?THCも入った製品を誤って使わないように!

    同じくヘンプを原材料とするTHCが持つ作用です。

    もちろんCBDでもリラックスできるし鎮痛効果もあり、ただ我を忘れるほどの激しさはありませんし自身の意志で摂取をストップすることだって簡単です。

    ハイになった・キマったという感想を口コミに挙げている方もいますがあくまで個人的感想、THCのような状態を想像して怖がって使わずにいるのは勿体ないです。

    ヘンプから抽出される成分をカンナビノイドと言います。

    その種類はなんと100以上、茎や葉・種子と部位ごとに実に様々あるのです。

    その中のたった1種類・THCが危険なからと99種類以上も否定し遠ざけるのは誤った考えだということは分かるでしょう。

    CBDのような素晴らしい成分あり、それにTHCだって少量ならばCBDの効果を高めてくれるのです。

    これを相乗効果と言い、CBD単一より様々なカンナビノイドが含まれたフルスペクトラム系は人気が高いです。

    海外だとTHCも含めて正にフル・すべて入ったCBD製品も多数あり、でも日本だと法律違反で引っかかってしまうわけです。

    取締法があって使用だけでなく所持も譲渡も許されないという日本の法律、芸能人が逮捕される様子もニュースで報道されているので恐ろしいものであるという意識は高いです。

    ただこの取締法、あのマッカーサー元帥が勧めた法律で今のアメリカはTHC入りCBD製品が普通に出回っていて、日本でもCBD製品の認知度が高まっていっているこの機会にもう一度見直した方が良さそうです。

    CBD製品を使うことでボディハイになってしまう、その噂は100パーセント嘘とも言い切れません。

    何しろ実際にそうなる方もあり、その理由はTHCも入った製品を誤って使うことによります。

    アメリカ・そしてヨーロッパ諸国にはTHCも入ったものが多く出回っているのですから気づかないままに取り寄せてしまう日本人はいるのです。

    個人輸入だとそうなる可能性は高い、信頼できる代理店からの購入をおすすめします。

    特に数は少ないものの日本製製品だと、日本の法律の元で作られているので安全です。

    THC全面禁止の日本、税関で厳しくチェックされておりそもそも注文者の元へと届かない、100パーセント嘘でもないですが、真実となる可能性もかなり低いです。

    だからといって安心は禁物、つまりは安さを求めて注文して商品がもらえなかったのですから金銭面で損をしてしまいます。

    知らずに取り寄せてしまったのかもしれませんが、それでも最悪逮捕されることもあります。

    知らなかったというのが警察側には言い訳なのか本気なのか、正しく見極めることは出来ないのです。

    数パーセントとほんのわずかなら見逃されて入ってくることも、人それぞれに体質は異なりTHCに対する耐性の強さも異なります。

    もしかしたらそのほんのわずかなTHCでボディハイ状態が引き起こされることだってあるのです。

    極度に怖がることは無く、医療用に使われていたりもする成分です。

    でもどこにでも悪の存在はあります。

    油断もしないこと、自身の身体と人生を守るためにも最低限の心構えはして臨みましょう。

    もしもCBDを過剰摂取してしまった場合にはどうなるか、ほんのわずかしか入っていないTHCでもそれなりの量が体内へと入っていくこととなるのでよりボディハイを引き起こす可能性は高まります。

    THCゼロのCBD製品なら、どれだけ取ろうともハイになることはありません。

    それならどうなるか、強い眠気が襲ってきたり頭痛や吐き気をもよおしたり食欲が減退してしまったり、そういった副作用の例は報告されています。

    健康効果が高いとされるCBDですが、だからといっていっぱい取ればそれだけ良い効果が高まる一方とは言えず、ある程度の段階から減少していく一方に、グラフは正比例ではなく釣り鐘型となります。

    副作用の可能性が高まり、お金も無駄に費やされるだけです。

    ハイになってみたいと変な好奇心は出さないことです。

    ボディハイだけでなくヘッドハイにだってならない、CBD製品というのは安全なものなのです。

     

    関連記事:

    THCVの効果とは?ハイになる?恐ろしい作用はナシ

    CBDリキッドで「決まる」ことはない!ニコチンとは大きく異なる心地よさ

    CBDは「ブリブリ」にならない!海外では医療用として認められている

    CBDで「ストーン」する??そんなことより医療の応用に注目!

    CBDリキッドは「飛ぶ」?んなこたぁないっしょ

    CBDで「ぶりる」?規制物質を除去しているので悪影響なし

    CBDリキッドでバッドトリップ?心配なら低濃度から始めてみましょう

    CBD リキッドを喫煙すると「キマる」?

     

     

    ↓2021年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ

     

    ↓初回・期間限定!!!2週間分980円!!!↓

       

    980円CBDオイルのレビューはコチラ