CBDリキッド『BLUE Koi』の口コミ検証!リアルな感想は?

    数あるCBDリキッドの中でもダントツの人気を誇るBLUE Koi CBD (vape juice)ですが、取り扱う通販サイトもずいぶん増えてきた感じがします。

    人気の秘密を実際に試してみたいところですが、輸入解禁からみると安くなってきたとはいえ、電子タバコ用のリキッドとしてはまだまだ高額ですから、いきなり買ってしまう前に「リアルなユーザーのリアルな口コミ」をチェックしておきたいところ。

    この記事ではネット上のレビューなどを調べ上げ気になった口コミをご紹介していこうと思います。30万円を超えるCBD製品を実際に試してきたわたしの考えもまとめてあります。

    お付き合いいただけると幸いです。

    BLUE Koi CBD(vape Juice)の効果とレビューはコチラから

    BLUE Koi CBDリキッド(vape Juice)の口コミ

    BLUE Koi CBDリキッドの特徴を分かりやすくレビューしている方の口コミをご紹介していきますね。

    コスパで選んだ40代男性の口コミ

    Pharmahempのカンナビスフレーバーから始めてみましたが、ついチェーンスモーキングをしてしまいお財布事情が気になっていました

    そこでVapeManiaでランキング1位のBLUE Koi 1000mgを試してみることに。濃度は高くないものの、フレーバーが病みつきに

    これからは他のCBDリキッドも試しつつ、BLUE Koiをメインに楽しんでいきたいと思います。

    ✔︎チェック・ポイント

    BLUE Koi CBDリキッドは他のメーカーのものと比べて濃度は高くありません。(1.7%と3.3%)ただこの口コミの通り、コスパの面では間違いありませんから気がねなくチェーンスモーキングできます。たとえ濃度が高くなくてもCBD成分は体内に蓄積されていきますから、3か月程度を目安に続けていけば健康に対する考え方も変わってきますよ。

    3週間で変化を感じた20代男性の口コミ

    はじめはKoiの250mgを試してみたのですが、全然効果を感じることができませんでした

    そこで高濃度1000mg(3.3%)を3週間試してみてオドロキ。数回肺にためて吐きだすとなんとなく落ち着きだして、10パフする頃にはアップリフティングな感じになってきました。

    効果なし!と決めつける前に、言われた通り使い続けてよかったと思っています。

    Koiシリーズはこれまで3種類試してきましたが、BLUEが一番スッキリしていて間違いなくナンバーワンですね。

    ✔︎チェック・ポイント

    この口コミにもあるように、濃度が低いタイプを試して早々に「効かない!」と決めつけるのはもったいないと思います。もし効果を感じられなくても濃度が高いタイプを試してみるか、しっかり使いつづけることでじわじわと効果を感じられるようになることが多いです。

    テイストに魅了された20代男性の口コミ

    はじめてのCBDリキッドに選びました。1000mg(3.3%)です。フレーバーが好きすぎて何回も吸ってしまいます。芳醇でさっぱりとしたフルーツフレーバーが鼻を抜けます

    CBDの効果も実感。仕事の合間に息抜きをするとモチベーションが戻ってきます。

    ✔︎チェック・ポイント

    Koiシリーズは甘いテイストがメインですが、思いの他さっぱりしていて一服した人にしか味わえない良さがあります。まだ、抵抗感のない吸い心地もついついVapeのボタンを押してしまう魅力があります。仕事の合間にリラックス。次世代のワークスタイルはコレでしょう。

    まとめ

    この記事ではBLUE Koi CBDリキッドを試したユーザー3人の口コミと、わたし自身の考えも合わせてメリット・デメリットをご紹介してみました。

    低濃度タイプでは効果を感じられなかった、という方もいらっしゃいましたから、効果を重視される方は500mg(1.7%濃度)か1000mg(3.3%濃度)を選ぶといいということが今回の調査で分かりました。コスパの良さはCBDリキッドの中でもベストですから、安心してKoi CBDリキッドを選んでいただけばと思います。

    高濃度タイプであっても効果を実感できるまでの時間には個人差がありますから、即効性を期待しすぎずできるだけ続けてみることがオーガニックなライフスタイルの近道ですよ。

     

     

    ↓2018年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓