CBDオイルはアトピーに有効?ステロイド外用薬よりも安全!

    カンナビノイドという化学物質から作られるCBDオイルには、様々な薬理効果があり、リラックス効果・睡眠の質を改善する効果・てんかん発作の抑制・ガン細胞の増殖の抑制・疼痛の軽減・不安障害の軽減などが代表的ですが、最近ではアトピーの治療や改善に効果的であることが判明しています。

    この効果には、CBDオイルに含まれる抗炎症作用と抗増殖作用が大きく関係していることが研究を通して知られています。

    抗炎症作用はかゆみや発疹を抑え、抗増殖作用には悪性細胞の増殖を抑えるだけでなく、ダメージを受けた細胞を再生して活性化させる力も持っているからです。

    CBDオイルには抗炎症作用がある?原因である免疫細胞を不活性化!

    また、人間の体内に備わっているECS(エンド・カンナビノイド・システム)という機能も要因の一つです。

    ECSは人間の恒常性の維持を担う機能であり、人間の心身のバランスを整える働きがありますが、体内でカンナビノイドの成分を取り入れると活動が活発になります。

    このため、CBDオイルを摂取するとECSの働きが活発になり、アトピーが抑えられるのです。そして、CBDには副作用がありません。

    これは、世界保健機関であるWHOでも認められています。

    もちろん、依存性や乱用性なども存在しません。

    対症療法が主流であるアトピーの治療には、主にステロイド外用薬が使われますが、副作用の危険性が高いという問題があります。

    不眠症・うつ状態といった精神症状や糖尿病、顔が丸くなるムーンフェイス、副腎不全などが代表的な副作用です。

    医師の指示を守り、正しい使い方をすれば重大な副作用になることはありませんが、それでも患者にとっては不安です。

    しかしCBDには、このような副作用はありません。さらに、高い確率でアトピーを改善します。スキンケアで肌バリア機能を強化するという方法もありますが、こちらは人間の自然治癒力に頼っています。

    長期間続けていれば改善されるかもしれませんが、時間がかかりますし、改善しない可能性もあります。

    結婚を考えている人や、アトピーによる嫌がらせを受けている人にとっては、CBDオイルが適切であるといえます。

    他にも、CBDは赤ちゃんに使用しても問題ありません。

    実際にアメリカでは、子供に多く見られる難治性てんかんに対して、CBD由来のてんかん薬であるエピディオレックスを処方薬として承認しています。

    そのためCBDは、子供にも安心して使える成分として考えられています。

    免疫力の弱い赤ちゃんにとって、副作用があるステロイド外用薬よりも安全であるといえます。

     

    ↓2020年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドを厳選【高濃度】↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    忖度なんてしてらんない・高濃度CBDリキッドを厳選!

     

    ↓CBD製品をドンキで買う前に!失敗しない選び方↓

    #画像クリックで最新の記事へ♪

    #画像クリックで最新の記事へ♪

     

    【CBD】ドンキホーテで失敗しない選び方はコチラ

     

    ↓Vape本体が無料!話題の+WEEDをレビュー↓

     

    コスパ抜群!+WEEDの効果はコチラ