お酒を減らす方法!アルコール依存症の関係性とは?

    CBD(カンナビジオール)がアルコール依存症の再発予防に関係している、という記事を発見しました。

    出典:https://www.upi.com/

    お酒の中毒になると「カラダの中で虫がモゾモゾするような感覚」になるそうです・・・コワいですね・・・。

    さすがにCBDリキッドだけで依存症は治せないと思いますが・・・。少しアルコールを減らしたいなぁって方は嬉しいニュースではないでしょうか^^

    厚生労働省は「飲み過ぎ」の定義をアルコール量で「1日平均60グラムを超えたら」と決めています。60グラムはおよそビール瓶3本、日本酒3合程度ですが、週末はコレくらい飲んだりしますよね〜。ということは毎週飲み過ぎってことですね!わかってましたけど!

    自分はそんな量飲んでないから!という方でもストレスでお酒に頼ってしまい「気がつくと増えていた」なんてことになりかねませんから、参考になると思います。

    CBDオイルとアルコール依存症の関係について、海外の権威のあるニュースサイトを翻訳してご紹介していきます。

    no name
    意識を変えるといつも使っているCBDオイルの見方も変わってきますよね♪

    日本ほどアルコホリックな国はない

    オーストラリアではビール缶を隠さないで、白昼堂々ビールを飲むことはできません。ご存知でした?

    ビール缶を茶色の紙袋で隠して飲むんです。向こうの人って。逆に目立つ気がしますけど・・・笑。

    海とかでキャンプするときは問題ありませんが、日本と比べてアルコールの扱いがまるで違います。田舎にいくと、ピンクの怪しいアダルトショップのようなお酒屋さんもあったりします。

    また、酩酊状態になって公の場所でフラフラしていたら、最悪地元の警察官がきてちょっと面倒なことになります。

    オージーは幼い頃からアルコールに対する正しい理解を頭に叩き込まれます。それくらいお酒は気をつけなければいけない嗜好品として扱われています。

    ロサンゼルスもそんな感じでしたが、日本はどうでしょう?

    IDもなしにコンビニでいつでも買えたり、CMでガンガンお勧めされたり、しかもご親切に自動販売機もありますからね!

    もちろん適量であれば楽しいですし、まぁ飲み過ぎもたまには楽しいっちゃ楽しいですけど、どうしようもない失敗をしてしまった人たちを見ると・・・。

    「なんであの時お酒飲んじゃったんだろ・・・」ってパターンが多すぎる!

    日本は先進国の中でもアルコホリック(アルコール中毒)の国ですから、他の国よりセルフ・コントロールが大事、というか必須になってきます。

    自分たちで適当に管理しなきゃ、リービング・ラスベガスみたいになっても誰も保証してくれません。

    リービング・ラスベガスみたいになったらヤバすぎる

    アルコール依存症で自殺した作家ジョン・オブライエンの傑作。心打たれます。

    そんなこんなで私はCBDリキッドに使命感を持って向きあっているワケです◎

    アルコール依存症は再発リスクが高い

    元TOKIOの山口さんのこともありましたが、アルコールの席でセクハラを受けたという話はよく聞きますよね。

    冒頭で「カラダの中で虫がモゾモゾするような感覚」を経験したTさん(53)は依存症が進み、病院に入院させられたそうです。

    退院後、断酒に挑戦するも軽く一杯だけ・・・とまたコントロールを失ってしまいます。

    そして、通算3回入院したところで病院の仲間の「死」で命の大切さに目覚め、見事社会復帰を果たし、今ではしっかり政府の委員をされています。

    いったん泥沼にはまってしまうとなかなか抜け出せなくなるのがアルコール依存症です。

    CBDとアルコール(お酒)の関係

    CBDオイルやリキッドがアルコールにはまっている人たちの再発予防に関係していることがラットの研究から分かってきました。

    研究しているのはカリフォルニア州ラ・ホーヤの大学で、1週間に1回ラットの皮膚にCBDゲルを塗って実験。アルコールをやめた後のストレスや不安、飲みたい欲求を減らすサポートとして使えると報告。

    出典:https://www.upi.com/Health_News/2018/03/23/Chemical-from-marijuana-could-help-prevent-drug-alcohol-relapse/6251521821830/

    どっぷりアルコールに浸かっている方は、CBDはとらない方がいいでしょう。専門のクリニックや病院で処方していかなければなりません。

    でも、いったんやめた後の生活のサポートとしては十分使えるのでは?というのが、個人的な結論です。CBDは飲みたい欲求を減らすことが、科学的にも証明されているワケですから。

    ということは、お酒を我慢しなきゃ・・・と感じたら、CBDリキッドを一服しておけば少しは減る可能性があるってことですね。

    そう考えると、CBDオイルの見方が変わってきませんか?

    まとめ

    この記事ではアルコールとCBD製品の関係についてご紹介してきました。

    断酒した後のお酒を飲みたい欲求を減らすという研究結果でしたが、近くのクリニックでCBDオイルを飲みながら治療・・・。という未来が来るかもしれませんね。

    もしあなたが普段からCBDオイルをお使いであれば「そういえばお酒の欲求が減るんだったな」くらいに覚えておいていただけると幸いです。

    プラシーボ効果もちょっと期待しつつ 笑。

    ビールの自販機を横目に、自分自身と戦っていく。そんなライフスタイルのサポートとしてCBDを活用していただければと思います。

    お付き合いいただいてありがとうございますーー!!

    CBDオイル・リキッド総合ランキングはコチラから

     

    ↓2018年最新版!最も効果の高いCBD総合ランキング↓

    ↓ヴェポライザー用CBDリキッドの総合ランキング↓